アラフィフともなると日焼け対策は1年中必要です!!って言い切ります(笑)

UVクリームを全身に塗り、UV効果のあるTシャツを着(しかも長袖だったりする)、日傘さしたり、サングラスかけたり(目も日焼けしますからね)、外出するときは完全防備で怪しい格好に・・・笑

なぜこんなことまでしてって??
肌老化の進行が早くなる・・・?からです。
シミもできるし、シワができるし、たるみもね。

92b3790efb7135b10ee67c410a7fb0ee_s.jpg


でもね。
唯でさえ汗でお肌がベタつく夏の季節にUVクリームは塗りたくない!!
って思っている方も多いのではないでしょうか?

って言う私もそうなんです。

出来ればUVクリームを塗らずに、長袖着なくても済む紫外線対策はないものかと。
思っているところに、ありました!!

塗る日焼け止めじゃなくて「飲む日焼け止め!!」です。
これはとっても便利でね。
汗ばむ体にべっとりしたクリームを塗らなくて良いんです😻

飲むだけで紫外線対策ができちゃうんですから。

基本的に飲む日焼け止めには抗酸化物質(活性酸素を除去する物質)を主な成分になっているので、紫外線B波(UVB)、紫外線A波(UVA)にも効果があるとされているんですね。

飲む日焼け止めとは
飲む日焼け止めというのは、文字通り服用することで日焼け止め効果が期待できるものです。

薬というよりサプリメント

塗るタイプの日焼け止めというと、薬剤であることが多いのですが、飲む日焼け止めというのは薬ではなく分類上はサプリメントとなっています。服用することにより、塗るタイプの日焼け止めと同じように紫外線から肌を守ってくれる効果が期待できるようです。

日焼けのメカニズム

日焼けというのは、一種の火傷のようなものです。紫外線が肌にあたって刺激となることで日焼けという症状が引き起こされます。紫外線は、紫外線B波(UVB)と紫外線A波(UVA)によって構成されています。紫外線B波は、皮膚に炎症を引き起こす作用があります。そして、紫外線A波には、肌を黒くさせ、老化を引き起こす作用があります。つまり、炎症を起こすことで黒くなるのではなく、それぞれ別の要因で引き起こされるのが日焼けのメカニズムといわれています。

紫外線によるダメージとは

紫外線B波には体を丈夫にするビタミンDを活性型に変化する作用があります。また、紫外線A波によってメラニンがたくさん合成され、肌が黒くなることは、肌の防御機能として非常に重要とも言えます。なかでも日本人は、このメラニンの生成が盛んで黒く日焼けしやすい体質の人が多いです。欧米の白人などの場合はメラニンを合成しにくく、赤く腫れあがったような日焼け状態になってしまいます。この状態は肌にとって危険であり、老化の原因ともなっているのです。

かといって、紫外線B波もA波もけして肌にはいいとは言えません。皮膚表面に炎症を引き起こすB波はもちろん、紫外線A波も肌の奥で活性酸素(老化の進行やさまざまな病気を引き起こす)を発生させるため、どちらも対策を施すことが大切です。

飲む日焼け止めに期待できる効果
飲む日焼け止めはどのような効果が期待できるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

肌の日焼け防止

飲む日焼け止めの多くは抗酸化物質(活性酸素を除去する物質)を主成分としていますので、紫外線B波(UVB)にも紫外線A波(UVA)にも効果があります。サプリメントを服用することで、肌の内側から紫外線を防御してくれる効果が期待できます。また、商品によっては炎症軽減作用のある植物成分が配合されており、UVB波で受けた肌ダメージ(急性炎症)などを軽減してくれる商品もあります。

唇や目の周辺にも効果が

通常の日焼け止めの場合、唇や目の周辺というのはなかなかしっかりと塗ることができません。ですが、飲む日焼け止めの場合は、飲むだけで全身を紫外線から守ってくれる効果が期待できますので、唇や目の周辺にも効果があるといわれています。

長時間外出する際にも

飲む日焼け止めの中には、1回服用することで24時間の効果が期待できるものがあります。そのため、長時間の外出などで、日焼け止めを塗りなおす暇がないときなどでも高い効果を期待できるといわれています。

ピンポイントでも使用できる

飲む日焼け止めの中には、1回服用すると3~4時間の日焼け予防効果を期待することができるものもあります。ですので、短時間だけ外出するといったときにもおすすめできるといわれています。

通常の日焼け止めと組み合わせると

飲む日焼け止めは、これ単体でも使用することができますが、どちらかというと通常の塗るタイプの日焼け止めと併用するようなイメージで使用する人が多いようです。塗るタイプの日焼け止めで肌の表面を守り、飲む日焼け止めで内側から肌を守ってダブルで効果を得ることが期待できるようです。

そのほかの効果も

飲む日焼け止めは、そのほかの皮膚のリスクにも効果があるといわれており、主に次のような症状の予防や効果が期待できます。

・皮膚がんの予防

・抗炎症作用

・日焼けにより赤くなる

・皮膚ダメージの軽減
スキンケア大学より引用〜



って言うわけなんです。
なかなか良いと思いませんか?
ベタつくクリームを塗らなくても紫外線対策ができちゃうなんて?!

私も実は数年前から利用しているんですけど、最初は半信半疑だったんですよね〜
本当に大丈夫???みたいな。

でも、こんな便利な飲む日焼け止めですもんね。
飲まない手はないです!!

でも、油断は禁物なので飲む日焼け止めと日傘は使用しています🌂

これからどんどん日差しも強くなってきます。
これからは飲む日焼け止めで日差しに負けない肌作りをしたいものですね💕


参考レビュー&PRはこちら
実年齢より老けて見られがちなシミ対策サプリ【マスターホワイト】肌の糖化にもアプローチして美白集中ケア♪

紫外線が気になる季節に!シミ・小ジワの改善に!【ロスミンローヤル】女性特有の体の不調に生薬が効く?!

日焼け止めサプリホワイトヴェール





関連記事
※各記事内容は執筆時の情報です。
キャンペーン等がある商品に関しましては現在と異なる場合がありますので、
販売サイトもしくは私のブログ記事内のバナーにて最新情報をご確認ください。

014404.jpg

ランキングに参加しています。ポチッとしてくれると嬉しいです。
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ